忍者ブログ
警備士への道編。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午前6時の大時計の下
ジャズドラマーがくの字にぶっ倒れている
ねぇきみ ここはどこですか
ここはぼくの肝臓です
朝が真っ赤に腫れあがってる
空が落ちてくる


女は恋をしているので
蟹の言葉でぼくに話しかける
ずっとあなたを待っていました
私の犬を食べてください
女はチーズになりたがってる
空が落ちてくる



夏はコインロッカーからやってきて
ぼくの腕に痛い予防注射をする
けたたましく警笛を鳴らしなさい
みんなに居所を知らせなさい
自動車に踏み潰されたぼくの足
空が落ちてくる


その昔男は空に腰掛けていて
楽しそうに街並みを眺めて暮らしてた
歩く夜道が重たくて
また飲み明かしてしまいました
おとこはひとり誰もいなくなった空を見上げてる
空が落ちてくる


顔の真ん中でクルクルと女がひとり踊ります
踊る女は黒装束思い出の形をしています
ああこの痛さがぼくの言葉です

空が落ちてくる


孤独者故にこの歌を聴くと涙が出てきます・・・。
「ああこの痛さがぼくの言葉です」って一文があるんですが
この歌を聴いた思春期の頃からずっと頭から離れない。
痛さがあるから、言葉が出てその言葉が堪らなく寂しい感覚だから
他人には解らない自分だけ知ってる言葉・・・。
楽には生きられないし、ずっと不安とかを味わってると
痛い気持ちが、抑えられなくなった時に

この歌を聴くと自然と涙が流れます・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ほぼ日
最新コメント
[11/13 いちころ]
[11/11 とら]
[05/14 いちころ]
[05/14 とら]
[04/11 いちころ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
いちころ
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1977/07/26
趣味:
ギター
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]